MENU

 現在38歳の主婦です。黒髪が嫌で18歳くらいからブリーチやカラーで髪を茶色に染めるようになり、黒い部分が見えてきたら再度染め直すというのを20代前半くらいまで繰り返していました。

 

 その頃までは髪染めのみだったのですが、20代半ばくらいからはパーマや縮毛矯正もするようになりました。くせ毛に悩まされていたので、特に縮毛矯正は半年に一度定期的にしていました。

 

 それでも20代半ばくらいまではカラーや縮毛矯正をしてもそれほど髪も傷まず抜け毛も気にならなくて、むしろ毛の量が多くて美容院ですいてもらっているくらいでした。
しかし、30代に近づくにつれ髪の毛が傷むようになり、同時に抜け毛も気になるようになってきました。

 

 髪の毛を洗っている時にもたくさん抜けるし、普段何もしていなくても自分の髪の毛が床のあちこちに落ちるようになったのです。それでも髪の毛を結んでいるときはあまり気にならないのですが、おろしているときには自分の歩くところすべてに髪の毛が落ちている感じでした。

 

 髪の傷みと抜け毛がひどくなったので、30代前後からは髪染めも避け、縮毛矯正も極力控えるようにしていました。しかし30代半ばになるにつれ、今度は白髪が目立ち始めたのです。

 

 始めは数本キラキラと白いのが見えるかなといった程度だったのですが、こめかみの辺りが束のように白髪になり、泣く泣く白髪染めをすることにしました。当然、白髪染めも髪が傷み、髪がギシギシになりさらに抜け毛もひどくなりました。なるべく染めたくないと思い、染める回数を2カ月に一度くらいに抑えているのですが、1か月もすれば白髪が目立ってきてしまいます。

 

 白髪染めをするようになり、髪が傷むことでこれまでよりもさらにくせ毛がひどくなり手に負えない状態のため、最近はまた縮毛をかけるようになったのですが、やはり抜け毛が気になり悪循環です。そして30代半ばを過ぎたころから、とうとう頭頂部が薄くなっていることに気が付きました。

 

 見た目ではさほどわかりませんが、手で触ってみると明らかに薄く、このままでは禿げてしまうのではないかと不安です。対策としては、極力髪染めの頻度を抑えることと、コンディショナーを頭皮につけないようにすることです。

 

 コンディショナーを頭皮にまで付けてしまうと、刺激が強すぎるためか、付けたと同時に指に恐ろしいくらい何本も抜けたので、それからは毛先につけるように心がけています。

 

 コンディショナーの付け方を変えたらだいぶ抜け毛は抑えられましたが、それでもこのままだと40代で禿げてしまうのではと思っています。女にとって禿げるのは怖いです。