MENU

 57歳の会社員で、会社ではそこそこ責任のある地位です。それだけにプレッシャーも大きく、ついお酒やタバコに頼りがちになってしまっていました。

 

 タバコは1度やめたのですが、忙しくなったのを言い訳に、再び喫煙するようになっていたのです。また夫と2人暮らしですれ違いも多く、たまに2人で摂る食事も焼肉とかステーキなど、肉類が中心になっていました。

 

 そういう生活習慣に加えて、髪をカラーリングしていたせいもあったのでしょう。1年前、56歳の時ですが、美容院に行った時に、ひどく頭皮が傷んで赤っぽくなっていること、そして、頭頂部の毛が細く薄くなっていて、地肌が少し見えていることを教えられました。その美容師さんとは何十年もお付き合いがあるのですが、その時は本当にショックでした。

 

 とはいえ仕事上、色々な人と会うことが多く、白髪を染めないわけには行きません。そこで、カラーリングをしている人向けのヘアケア商品を教えてもらい、試してみることにしました。

 

 また、シャンプー後には頭皮をきちんとマッサージするようにもいわれ、さらに、アルコールやタバコも控えめにした方がいいですよともいわれました。悩みましたが、髪の毛のことだけでなく、自分自身の健康の問題でもあります。最初からすべてをやめるのは難しいので、量を減らすことにしました。

 

 またネットで髪の毛にいい食品を検索し、海藻や緑黄色野菜に加えて、豆や乳製品、卵やごまなどがいいとあったので、食事に採り入れてみることにしました。その後私は異動で部署を替わったため、帰宅時間が早くなり、手料理に精を出すことができるようになりました。夫と食卓を囲むことも増え、前の部署にいた頃にくらべて、リラックスできる時間が増えたこと、そしてヘアケアを変えたことにより、何となく髪の量が増えたように感じました。

 

 それから一月ほど経って、また美容院に行ったところ、美容師さんから、頭皮の状態がよくなりましたねといわれました。まだ薄毛ではあるようですが、この調子で行けば確実に髪の量が増えますよということで、以前にも増して、髪と頭皮に気をつけるようになりましたし、お酒やタバコを控えめにしたせいか、体調もよくなりました。

 

 それからさらに2か月ほど経って、夫が1泊2日でドライブに行こうと誘ってくれました。近場を回っただけですが、その時の写真を見ると、それ以前、つまり頭皮に問題を抱えている頃に比較して、表情が生き生きしていて若く見えるのです。頭皮の問題が解決したこともありますが、生活習慣を変えたことで、すっかり雰囲気が違ってしまっていたのです。髪や頭皮に気を配るようになって1年が経っていましたが、確かに健康状態そのものが改善されましたし、また、メークの乗りもよくなって来ました。