MENU

薄毛と上手に付き合って

 現在48歳の在宅ワーカーです。43歳から45歳になった頃から、生え際のボリュームが急激に落ち、前髪をアップにまとめることに、抵抗を感じ始めるようになりました。

 

 前髪があると鬱陶しく感じるタイプだったので、いつもアップにして髪をまとめていたのですが、なんとなく人の視線を生え際に感じるようになり、前髪を作っておろすようになりました。

 

 当時働いていた同僚や友人と会話するときに、皆の視線が何気に私の生え際にあることが気になって、自分でも、薄毛が気になりだしたのは、その頃からです。

 

 髪をぎゅっと束ねてまとめると、おでこの生え際が、薄くなってきていることに気づき、思い切って前髪をつくりました。前髪をつくってからは、生え際があまり気にならなくなったので、人の視線に敏感になることもなくなり、薄毛になっても安心して過ごせるようになりました。

 

 それから数年が経ちましたが、さらに前髪のボリュームも落ちてきたように感じ始めました。薄毛の進行も年齢とともに進んでいくようで、昨年までは、それほど気にならなかったのですが、梅雨の季節に前髪がうねうねと癖毛が目立つようになりました。前髪のボリュームが落ちたのが原因で、湿気の影響をもろに受けやすくなったようです。

 

 以前から前髪があると鬱陶しく感じるタイプなので、うねうねしてボリュームのない前髪がとても変で困ってしまい、どうしたらよいものかとずっと悩んでいました。

 

 前髪を結んでみたり、ピンでまとめてみたり、色々工夫してみたのですが、やはり薄毛が目立ってしまい、前髪の鬱陶しさは解決するのですが、見た目があまりよくありません。

 

 最近、若い人がよくヘアバンドを付けているのをみて、試しに買ってみました。ヘアバンドをすれば、生え際の薄毛をカバーできるし、前髪の鬱陶しさを解決することもできるかと思ったからです。

 

 最近は、色々な色やデザインのものがあり、オシャレを楽しむこともできるようで、オシャレをしながら薄毛対策もできる、一石二鳥なアイテムだと思いました。実際、頭に付けてみると、ちょうどいい感じに生え際が隠れて、髪もまとまってスッキリします。

 

 薄毛が気になりだしてから数年が経ちますが、前髪をつくったり、ヘアバンドを身に付けるようになったりと、色々対策を考えてきました。その時その時の薄毛の状況に応じて、自分に合った方法で、薄毛と上手に付き合っていくしかないということを、最近実感しています。

 今年30歳を迎えるOLです。今年に入ってから、前頭の分け目部分が薄くなってきたように思います。

 

 ヘアスタイルは、常に、ワンレングススタイルです。それが、最近は肩下まで伸びてきて、髪が長くなり始めてからは、後ろでお団子にしたり、ポニーテールにしたりしています。そのため、前髪を後ろに引っ張ることが多く、薄くなってきたのかもしれません。

 

 10代 20代 は、逆に髪が多すぎて、困っていましたが、部分的に薄くなっているので、目立つ気がして、心配しています。朝の身だしなみを整える際に、自分で気がつき、まだ家族や友人など、周囲からの指摘はありません。

 

 永年通う美容院に訪れた際に、美容師の方に、前頭の薄毛部分の不安について、お話しさせていただきました。美容師の方は、特に気にならないとおっしゃってくださったので、今のところとくに対策は講じていません。

 

 今後さらにひどくなるようでしたら、ワンレングスをやめて、前髪を引っ張らないようなヘアスタイルに変えたいと思います。また、薬品など、肌や髪に直接散布するものは使用したくないので、できるだけ避けたいと思っています。アレルギー体質で、湿疹や腫れがでやすいからです。

 

 30歳を超えると、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ホルモン自体が減少するなど、体に影響ぐ大きいので、そのせいもあるかと思っています。実際、気分の落ち込みがつづくなど、若年性更年期障害のような症状もみられます。

 

 家系的には、父も母も年齢相応に髪は薄くなっているので、進行することはあっても、停滞や改善は難しいと思います。周囲の同年代の方は、薄くなっているなと思う方もいれば、そうでない方もいて、やはり、年齢よりも、体質の方が問題のような気がしています。

 

 実際、私より若い方でも、以前より薄くなったと感じる方もいらっしゃいます。その逆も然りです。それでも、気にされている方は少ないようで、とくにそういったことが話題になることはありません。

 

 もしかしたら、話にくい、ということもあるかもしれませんが。いずれにしても、この年齢になると、ある程度髪の毛をケアしない限りは、薄毛にまでは至らないにしても、健康的な髪を維持することは難しいと思います。

 

 特に、染めたり、パーマをあてる方は頭皮も傷むのではないでしょうか。今後さらに年齢を重ねたときは、薄毛の問題もあるので、ベリーショートにするなど、薄毛でも素敵にみえるヘアスタイルをすることで、毎日を楽しみたいと思います。